カテゴリー別アーカイブ: 神楽坂 ブラカグラ

神楽坂 ブラカグラ

4月25日(土)まちあるきイベント「ブラカグラ」開催! テーマはマンホール!?

テーマ「下を向いて歩こう! 神楽坂のマンホールが面白い!」

神楽坂を歩く人は皆、楽しげに辺りを見回しています。美味しそうなお店を探してきょろきょろしたり、昭和の雰囲気を残す路地と街並みを眺めたり、神楽坂の風景を楽しんでいます。

しかし、神楽坂の「地面」をじーっと眺めたことはあるでしょうか。下を向いて道路を歩いていると、そこにはたくさんのマンホールがあることに気がつきます。実はマンホール、いろんな時代、いろんな形式、いろんなサイズのものがあります。私たちが歩いている道路の下は、いろんな「穴」があり、マンホールを介して地上とつながっているのです。実は大正時代からあると推定されるマンホールも牛込神楽坂エリアにあるのです!

今回のブラカグラ、テーマは「下を向いて歩こう!」です。マンホールの魅力を知ると、近代の都市開発の歩みを知ることにもなりますし、街歩きの新しい魅力認識にもなります。

第一部は、NHKでもマンホール好きとして紹介された白浜公平さんに「マンホールの楽しみ方講座」をお願いしています。マンホールを楽しむための基礎知識を約1時間で一気に勉強してしまいます。

第二部は「フィールドワーク」。マンホールの魅力を追いかけ、「下を向いて」神楽坂を歩きます。マンホールがこんなに多様性があるなんて、実際に見たあなたは驚くことでしょう。今までは気がつかなかった神楽坂の魅力発見ができれば「ブラカグラ」のイベントは大成功です。

第三部は「懇親会」(任意参加、別途実費負担)。神楽坂の美味しい店に飛び込んで、講師も交えてマンホールのおもしろさ、神楽坂の楽しさについて語り合いましょう。

ブラカグラは事前申し込みが必要です。ぜひ参加申し込みを!

【参加要項】
日時 2015年4月25日(土曜) 14時スタート(17時終了予定)
※その後任意で神楽坂で懇親会
会場 東京理科大学 森戸記念館(東京都新宿区神楽坂4-2-2)
参加費 1500円(資料代を含む) 懇親会は別途実費
申込み方法:定員15名完全事前申込み。先着順。
burakagura@gmail.com へ「氏名・電話番号」をメール。

【講師紹介】 講師 白浜 公平
鉄蓋観賞愛好家。街歩きがきっかけでマンホールの蓋の多様性にはまる。美しいデザインの蓋や戦前に設置されたような骨董的価
値のある蓋を常に探し求めている。本職はITエンジニア。

 

企画・実施:NPO法人粋なまちづくり倶楽部 神楽坂大學
http://ikimachi.net/

2/1 ブラカグラ開催のご案内(テーマ:銭湯と神楽坂)

2月1日(日)まちあるきイベント「ブラカグラ」開催 テーマ「銭湯をはしごしてビールを飲もう」

寒い季節はまちあるきにはあまり向いていないのですが、神楽坂の魅力再発見をテーマにしたブラカグラ、2月1日に開催をします。今回のテーマは「銭湯をはしごしてビール!」です。

神楽坂には第三玉の湯と熱海湯という銭湯があります。江戸川橋まで足をのばせばさらにいくつか銭湯があります。
今では内湯が当たり前になったものの、かつては銭湯が地域のコミュニティスペースとしての役割を果たしていました。神楽坂では芸者さんも銭湯を利用していたそうです。

そこで今回は「神楽坂の銭湯あるき」をしてみたいと思います。

第一部は、銭湯の楽しさを知り尽くしたまぁやぁさんに「銭湯の楽しみ方講座」をお願いしています。銭湯の奥深さ、おもしろさを知り、神楽坂の銭湯の魅力を学びます。

第二部は「フィールドワーク」。といっても寒い季節ですしテーマが銭湯ですから、実際に銭湯につかりにいきましょう。第三玉の湯と熱海湯をはしごして、神楽坂の銭湯を実体験します。実はまだ入湯したことがなかったという人もぜひご参加ください。
なお入湯料は実費になります。また、タオルや石鹸等の入浴道具はご持参ください。

第三部は「懇親会」(任意参加、別途実費負担)。お湯につかってのども乾いたところでビールが飲みたい頃合いです。神楽坂の美味しい店に飛び込んで、講師も交えて銭湯のおもしろさ、神楽坂の楽しさについて語り合いましょう。

ブラカグラは事前申し込みが必要です。一緒にぶらりと銭湯に入ってみませんか? ぜひ参加申し込みを!
【参加要項】
日時 2015年2月1日(日曜)
14時スタート(17時終了予定)
※その後任意で神楽坂で懇親会

会場 調整中(参加者にはメールでご案内します)

参加費 1500円(資料代を含む)
銭湯入湯料と懇親会は別途実費。タオル等入浴用具、ご持参ください。

申込み方法:定員15名完全事前申込み。
先着順。burakagura@gmail.com  へ「氏名・電話番号」をメール。

【講師紹介】

講師 まぁやぁ(ペンネーム)

1960年、東京生まれ埼玉育ち。現在は神奈川県藤沢市に在住。
銭湯全盛時代の昭和中期育ちで子供の頃はもちろん銭湯通い。
小さい頃は風呂屋のペンキ絵が描きかえられるのを心待ちにしていた子供でした。
現在は路地裏散歩と居酒屋徘徊を趣味としております。
産業遺産ならぬ生活遺産に興味を抱き銭湯や古建物などを見て巡っております。
そしてその後の1杯を無上の楽しみとしています。
要はただの風呂好き酒好き人というわけであります。

みちくさ学会・銭湯カテゴリー講師
銭湯と路地裏散歩な日々
http://blog.livedoor.jp/r32_takacyan/
銭湯wiki
http://seesaawiki.jp/w/r32_takacyan/d/FrontPage

企画・実施:NPO法人粋なまちづくり倶楽部 神楽坂大學
http://ikimachi.net/

神楽坂 ブラカグラ(2014/10/19)

burakagura08map-320

ブラカグラ
「地図をみて、歩いて楽しむ神楽坂」
詳細PDF


今回のブラカグラ、テーマは「地図をみて、歩いて楽しむ神楽坂」です。
第一部は、地図の楽しみ方をたくさんの人に伝え続けている小林政能さんをお呼びし、「地図の見方、楽しみ方講座」を行います。地図を楽しむ方法を広く分かりやすくレクチャーしてもらえます。地図を通して見えてくる神楽坂・牛込地区の魅力も教えていただきます。
第二部は「フィールドワーク」。地図を手に神楽坂を歩いてみましょう。きっと今までは気がつかなかった発見があるはず。神楽坂の新しい魅力が再発見できればイベントは大成功です。
第三部は「懇親会」(任意参加、別途実費負担)。神楽坂の美味しい店に飛び込んで、講師も交えて地図のおもしろさ、神楽坂の楽しさについて語り合いましょう。

神楽坂 ブラカグラ(130921)

9月21日(土)まちあるきイベント「ブラカグラ」のご案内

テーマ「都電とバスと、神楽坂」

 今は地下鉄に取って代わられましたが、かつて都電は、東京都民の重要な足でした。都心の主要道路の殆どに線路が張りめぐらされ、通勤・通学・買い物から遊びや観光まで、あらゆる目的の移動手段として機能していました。
 戦前から戦後にかけて、神楽坂に足を運んだ人たちも、都電を利
用していました。神楽坂そのものには電車は走りませんでしたが、
外堀通りと大久保通り、目白通りに電車が走り、坂上や坂下の電停から神楽坂に向かいました。
 今回のブラカグラは、「都電とバスと、神楽坂」をテーマに、神楽坂を中心としたエリアの都電路線網の変遷、電停と街並みとの関係、都電廃止後のバス路線の推移などを探ります。
 一緒に歩いて、都電時代の懐かしい古写真と現在の景観を比べてみませんか? また、短命に終わった幻の路線跡も探しに出かけます。お楽しみに!

 まちあるきの後は、ブラカグラ恒例の神楽坂の美味しいお店に入
って楽しい懇親会もあります!(任意)
 ブラカグラ、ぜひご参加下さい。

【ブラカグラって?】
ブラカグラは、NPO粋なまちづくり倶楽部がお届けする新しい神楽坂体感プログラムです。
【第1部:学ぶ】では先生のお話を教室形式で聞き、まちあるきの楽しみを勉強します。
【第2部:歩く】では神楽坂に出て、実際に歩き回りながらまちの魅力を体で実感してみます。
【第3部:語る】では神楽坂のお店に入って講師と参加者が自由に語り合います(第3部は任意参加・別途実費)。神楽坂の新しい魅力が見つかります!

【参加要項】
 日  時 2013年9月21日(土曜) 14時スタート(17時解散予定)
       終了後、任意参加で懇親会の予定
 会  場 高齢者福祉施設「神楽坂」2階会議室
       (東京都新宿区矢来町104)
 参加費 1500円(資料代を含む)
 申込み方法: 定員15名完全事前申込み。先着順。
        burakagura@gmail.com まで「氏名・電話番号」をメール。

【講師紹介】
講師 岩垣顕(いわがき あきら)
 1967年生まれ、東京都在住。都内の地名や地形への関心から街歩きを始めるようになる。現在も会社勤務の傍ら、川・街道・都電・バス停など、様々な切り口で街歩きを楽しむ。著書『歩いて楽しむ江戸東京旧街道めぐり』『神田川遡上』『荷風片手に東京・市川散歩』他。
ブログ「歩いて完乗 あの頃の都電41路線散策記」。ブログメディア
「みちくさ学会」では「バス停」カテゴリーを担当。
 http://blog.livedoor.jp/toden41/
 http://michikusa-ac.jp/archives/cat_30011.html

企画・実施:NPO法人粋なまちづくり倶楽部 神楽坂大學
http://ikimachi.net/